FC2ブログ
北海道を釣る!!釣行記
趣味のルアー&フライフィッシングを中心にキノコ狩りや山菜採りなど北海道のアウトドアを紹介したいと思います。
201807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201809
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スカッド祭り開催中
skad


先日の海アメ祭り@テムズで村田さんにならったスカッドを量産しました。
タンとオリーブそれぞれ#8と#10を6本ずつの計24本!!

今やボックスはスカッドとサケ稚魚でひしめいています。



先週の土曜日は巻きたてのスカッドを携えて島牧へと行ってきました。
早朝は凪の微風でラインはインターミディエイト。
と思いきや、見る見るうちに風が強くなり波も高くなってきたので速攻でタイプ3に変更しました。

反応無しとみて歩いて18番から赤灯方面へと移動していると・・・
なにやら数十m先からガンを飛ばして来る濃い人発見(笑)
テムズ常連、BIG4の一人、Kさんでした(爆笑)
キャスト&ウォークといった感じですぐにフェードアウトしましたが。
浜全体釣れてない感じでした。

ルアーショップショアラインで話しを聞いても今朝はどこも上がってないとのこと・・・
ボウズ濃厚;;
各地を転々とし行き着いた場所は結局千走のとあるポイント。

スカッドをつけキャストすること数投・・・

30m前後をリトリーブしていると・・・ズン!!

釣れた!!51cm!!

また釣れた!!51cm!!

プライドを捨てたU原氏らはルアーのけつにスカッドをつけだす始末(笑)
でもホントに釣りやがったww
U原57cm!!!

まだまだこっちも止まらない!!57cm!!

うははははは・・・57cmもう一本!!!    どんだけ~(笑)

P3010245.jpg


恐るべしスカッド。はまるとすごいですな。
満足したし、強風のためいい加減しんどくなったので車に引き上げました。
O畑氏はガッツでしっかりミノーで50UPキャッチしてましたね~。偉い!!

調子乗って57の最初のやつダービーに登録してきました。シーズン後半戦は60後半続出だろうからどうせランク外でしょうね。更なる大物を!!

これからの時季はサケ稚魚ですね。気合入れて巻きますよ~!!
今年のサケ稚魚のアタリはいつでしょうね。今から楽しみです。

P3030274.jpg

スポンサーサイト
コンディション抜群!!尻別レインボー10月14日
今回はバイト先である某フライショップの、僕的に一番コアと思われる常連さん「M野」さんとの釣行です(笑)
尻別川沿いで林道を爆走する赤いジムニーを見かけたら、まずこの人と思って間違いないでしょう!!(笑)

フライショップの常連さんとの釣行だけあって、やはりそこはフライで行ったのか?!と思ったら大間違い。
何故か指定を受けたのはルアーロッド(笑)
というわけで、不本意ながら(いや、やる気満々で!)ルアーしてきました!!

ポイントに到着したのは午前10時前。
予想以上にうぉーたーが、こーるど!!
ネオプレーンにすれば良かったと後悔したほど。
魚の活性も低いようで反応も今一・・・
と、思ってたらゴンというアタリ。
妙に身をクネラセテ上がってきたのは・・・
PA140057.jpg

アメマス鼻曲がり!!43cm!!
オカマか!?というような引きでしたが(笑)

その後、M野さんに44cmのニジがヒット!!
立派な体高から繰り出されるひきは壮絶。
素晴らしいニジでした。

指をくわえて見ている訳にはいかん!!と寒さを堪えながらスプーンで底を探る。
と。
ででででた~~!!
下流に走ると同時にドラグが唸る!!
水面で暴れた姿を見たところ、かなりの良型。
数回ドラグを出された後、流芯で刺さったまま動かない。
数分後ゆっくりと寄ってきたところをM野さんにすくってもらう。
PA140077.jpg

これまた体高が素晴らしい50cmのコンディション抜群!!
PA140075.jpg

喰いたい・・・!!という衝動を押し殺して撮影後リリース。

素晴らしい魚に出会えました。
巨ニジに大敗@支笏湖10月10日
今、支笏湖でカメムシパターンが絶好調!!

と、言うことで急遽。
というのも、朝のサケが強風で惨敗だったので、一転淡水で起死回生を図ったという次第。

PA100049.jpg


到着するとなんとも最高の条件!!
波良し!天気良し!しかし風無し!!
新品の3Xリーダーにカメムシ#10をセットして
カメムシもーど全開!!!!
PA100050.jpg

岸から4,5m付近に漂わせること約30分。
何の前触れもなく・・・

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴッゴゴゴゴッゴゴゴ!!!」
「ええええええーーーーー!!!????」
「ブツっ」

でもでもでもでも・・・!

そんなの関係ねぇ!!

そんなの関係ねぇ!!!

そんなの関係ねぇ!!!!


正直、悔しくて飛び込んでやろうかと思いました(笑)
PA100055.jpg

PA100051.jpg
爆ちょ~in道央A川
電話にて・・・
KAY「日帰り十勝とかいいんじゃね??」
K戸「いや、近くにしましょう」

と、今回は敢え無く十勝方面は断念して近場の釣り場で妥協することに(笑)
十勝のような美しい渓相とはいかないが、札幌から1時間半の大型ニジマスが棲息する道央A川への釣行となりました。

札幌を2時半に発ち、着いたのは午前4時。少し仮眠をとってから釣りを開始したのは5時過ぎ。
前日の雨の影響で川は若干増水&濁りが入っていたため、今回はフライではなくルアーで入釣。
この川に来るといつも熊が怖い。荒い渓相がそう思わせるのだろうか。何となく、ここの熊は凶暴な気がしてならないのである(笑)そんな熊さんに怯えながら、その荒々しい渓相にK戸と交互にルアーを打っていく。ポツポツと顔を出すのはそこそこのニジマスたち。そんな中K戸が40cmのニジマスを見事キャッチ。彼は魚にファイトする余裕を与える前に強引にブチ抜いたため、傍目にはあまり楽しむ余裕がなかったのでは、と思わずにはいられない(笑)
ともかくいい魚が依然としていることに安堵をおぼえ、しばらく釣り上がる。一連の荒場の最上部に位置する大きな淵に至り、気合を入れなおす。
瀬から淵へと次第に深くなるあたりにアップクロス気味にキャストしトゥイッチを入れながら流れよりやや早めにリーリングする。4回ほどトゥイッチを入れたところでゴンというアタリ。大したアタリではない。しかし、すぐに寄ってくるはずの魚は依然として淵にささったまま、動かない。不意にドラグが本日第一声を発する。
ジジジジーーーーッ
そしてついに淵中央で魚体を現した。
ドッパーン
重々しいジャンプはかなりの大物である。
静かに、そして冷静にあせりまくる俺(笑)
何せNZ以来こんなニジマスはご無沙汰である。
後ろから追いついたK戸がネットをかまえてくれたので、無事ネットイン!!
サイズは47cmと50cmの大台に乗せることはならなかったが、目を見張るべきはその体高。サイズ以上に大きく見える抜群のコンディション。記念に残る1匹になりました。
PA030012.jpg

PA030022.jpg

PA030018.jpg

その後も釣果は上々。
上がるほどに魚影は濃くなり、44cm、46cmをさらに追加。2本とも見事なジャンプと走りを繰り広げてくれ、もう言うことなし。
PA030025.jpg

山夷68s。ガップリと食いついた!!
PA030036.jpg

綺麗な景色の中いい釣りができて、本当に良かったです。


日高・十勝釣行2007/9/16~19
バイトの休みをもらって行ってきました。
日高・十勝方面は渓相・魚ともに綺麗で、好きな釣り場の一つです。
今回は55UPのニジマスを釣るまでは帰らない、という決意の下行ってきました!!

まずは日高方面。

が。

大雨の影響で、川はどこもかしこも増水中(笑)
かろうじて見つけた釣り可能なH川の上流域に入渓。
小型ながらもニジマスがポツポツ釣れる。

ところが!天気予報に反して急遽たらいをひっくり返したような土砂降り。身の危険を感じ早々に撤退しました;
国道へ向かう林道を降りる途中にみた支流はまるで鉄砲水のような状態。実はこの川、最初に入ろうかと思ってた支流でした(笑)危機一髪。

こんな具合に日高釣行は、撃沈です(笑)

一旦帰宅し、今度は十勝方面へ出陣!!

しかし!!あまり回復してないじゃないですか~~!!

P9180009.jpg

↑十勝源流の秘境で人知れず修行する胡散臭そうなT仙人に出会いました(笑)


それでも釣りできる川は数本あり、わずかながら釣果が・・・
<P9190011.jpg

スピナーで来たオショロコマ29cm
P9190014.jpg

同上
P9190048.jpg

ドライに出た!ニジマス31cm
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。